HOME>特集>複数の化学的な仕組みで髪を真っすぐにしている

水素結合をほどく

ヘアーアイロン

ストレートアイロンは、クセのある髪を熱によって真っすぐに成形するための道具です。その仕組みは、水素結合をコントロールすることにあります。髪は自然な状態だと、構成する成分が水素結合によってしっかり結びついている状態です。そして、その結合は簡単にはほどけないため、クセとして維持されます。そこでストレートアイロンで熱を加えると、水素結合をほどくことができます。

真っすぐなまま冷やす

ヘアーアイロン

熱によって水素結合がほどかれた髪は、冷えると共に改めて水素結合されます。そこで真っすぐな状態を維持することで、そのまま水素結合ができるわけです。そのために、ストレートアイロンは髪を挟んで真っすぐな形が維持できるようになっています。

熱を与えすぎない

女性

髪のクセを真っすぐにする際に、熱を与えすぎるとダメージが大きくなってしまいます。そのため大抵のストレートアイロンでは、挟んだ髪に効率的に熱を与えると共に、負担が少ない内に冷やせるように工夫されています。

溶けた油がサポートになる

ヘアーアイロ

ストレートアイロンで熱を加えると、髪の表面に付いている油が溶けます。その油も冷えると共に固まります。その油の変化だけで髪の形が変わるほどの影響力はありませんが、髪を真っすぐに成形するサポートにはなります

広告募集中